SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

釣りギター@cbm.tama

チェリーブロッサムギタリスト、タマキが音楽や釣りをテーマに「ギャイ〜ン」
今期最後、渓流3days 最終日 デカイワナ
最終日

泣いても笑っても今日が最終日
なんとか、デカい魚を釣りたい

2日間、良さげな感じも無かった
富山県迄来て、どうするか?

悩みに悩んで、デカい魚1匹釣れる可能性の少しでも高い場所を模索

結果、黒部川にした!

黒部川は、春のサクラマス、上流のイワナが有名だが、通常のヤマメ、イワナは以外にも情報が少なく
ネガティブな情報が少しある程度
確かに、常に白濁りの広い川
渓流魚の雰囲気は乏しい!

しかし、あのサクラマスが遡上する川
本流なだけに、広くポイントも沢山あるんじゃないか?
万が一にも、デカいヤマメ、イワナが居る可能性が高いと思い決定した

朝、宇奈月のコンビニで入漁券を購入
釣りできる区間等入念にチェックして、川に入った

宇奈月温泉辺りから上流は、トロッコ列車で行き、その後は徒歩で数時間もトレッキングをしないと釣り場には着かないらしい!
勿論、そんな上流には見向きもしないで、宇奈月温泉より下流に絞って入った






何も情報無し、分からない
正直、魚が居るとも思えないが!

仕方ない、今日はこの黒部川に腰を据える覚悟

せっかく買った、バリバスの8.6のBWSもうってつけだし!





とりあえず、開始早々流れや、川の状態を把握する為に、手当り次第ルアーをキャストする事にした

広い本流とはいえ、渓流と何ら変わらないのだが、白濁りの黒部川本流
魚の着き場やくせ、今日の状態は、分からない

良さげなポイントが出てくる迄は、広範囲にチェックする作戦

7センチ前後のミノーを主体に、本流用のスプーン、5g以上のスピナーを用意
ミノーの場合、アクションやら、レンジ等色々気を使いながらの釣りになるので、何も分からない場合手返しが悪い
そこで、とりあえずオートマチックに巻くだけで良いスピナーを選択
重たいスピナーをバンバン投げ巻く

入渓した直ぐの場所は、だだっ広くゆるーい瀬
かなり浅く魚が着くような感じでもなさげ

リールのブレーキ調整やら、キャストフィーリングを調整するのに、適当にスピナーを投げながら歩いた

開始早々、数投目
まだ、調整中です

の最中

いきなり

ドスッ!

とデカい!

まさかの展開

いきなり40オーバーの太いイワナが釣れてしまった!

びっくりした

こんな簡単に釣れてしまって
拍子抜けだ

しかも、とてもこんなデカいイワナが居るようなポイントでは、ない

黒部川本流、凄いポテンシャルなのか?
河原の石の間に、イワナを起き
写真を撮る準備をしながら、黒部川のデカいイワナに見とれて居たら
暴れ出したイワナは、一瞬の隙を付いて自ら川にお帰りになった!

写真撮れなかった 笑

まぁ、釣れたから良いが!

まさかの展開に、俄然やる気スイッチONで、川を釣り上がる

直ぐに、ベビーヤマメが釣れる


このタックルでこいつは、あまりに小さい!

少し歩くと、ようやくそれらしいポイントが出てきた

本流らしい規模のガンガン瀬からの深い落ち込み、瀬尻からの大規模なヒラキ
いかにも大物が底に定位してそうな場所
だが、こんな大場所には、釣れる魚は餌釣り師達に釣られまくってるのだろう
王道パターンでは無反応

ところが、普通サイズのイワナがポツポツ釣れた


どんどん釣り上がると
良さげなポイントが出てきた

イトウクラフトの蝦夷、蝦夷ファースト、山夷等の65sを使いながらチェック
すると、今日2度目のデカいイワナのスーパーバイト

表層をトゥイッチしながら、アップクロスで引いてきたミノーに下から猛烈バイト
ミノーをすっ飛ばし、イワナ自身も身を川から乗り出しジャンプ

ヒラマサか?
って言う程の猛烈バイト

だが…食いそびれ

2度、3度同じコースを通したがもう出なかった

その後も、普通サイズのイワナは、
飽きないくらいに釣れる

しばらく行くとまた良さげなポイント

ここでまたまた、デカいイワナが下からミノーにバイト
急流のガンガン瀬の中
ルアーを食いそびれる、デカいイワナ
またしてもバイトのみ

しかし、この短距離で3度のデカいイワナのバイト

ポテンシャル高い!

結局、釣れたデカいイワナは、最初の1匹
しかし、普通サイズのイワナはそれなりに釣れ1日満喫出来た






今シーズンも、良い魚で締めくくり
良い釣行だった!

| - | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2020年今期最後の渓流 3days
9月の月末
28,29,30日の3日間、デカマスを狙いに遠征

何処に行くか悩んだ結果
岐阜県飛騨周辺に行く事にした


出発間際に、飛騨周辺は9/9迄で渓流釣りは禁漁!が発覚
急遽、富山県に変更するも先ずは手前で長野県木曽川に行き、スーパーアマゴを狙う事にした!



朝、木曽川に到着し、最寄りのコンビニで入漁券を買う
2,000円!
高い

木曽川水系は、非常に川が多くとても1日では周りきれないし、把握出来ない
良さげなら、3日間木曽川でも良いかもっ!なんて思いながら、とりあえず木曽川本流に入りスーパーアマゴ狙い

川は非常に良い



魚が居ない!
最初に入った場所から、素晴らしく良いポイントで魚さえ居たら…

少し下流に移動して、ようやくチェイスがあった
ミノーでは全く反応無く、スピナーだとチェイスはぼちぼちある
針掛かりが悪く、バイトがあってもすぐバレる!

そしてようやく
木曽川のアマゴが釣れた



オレンジ色の点々が特徴的な木曽のアマゴ

しかし小さい
半日、かなりの距離を釣り上がったが、釣れたのはこの1匹だけ

ネットで情報収集した結果魚が居ないとの事だったが、これ程迄にとは
まぁ、この禁漁真近、食べるのに釣っては根こそぎ持ち帰るから、そりゃ居なくなるだろうけど!

仕方なく、かなりチープな支流に入ってみた
チビイワナは、そこそこ居るが釣りにならない

仕方なく、また支流から合流点の木曽川本流に入り、終了

釣果は、写真の1匹



チープな支流


木曽川水系は止めにして、山越えをして富山県に移動

2日目は、平成最後に良いヤマメを釣った川から開始

布施川
片貝川の支流になるのかな
上流域に入り準備をしてると、釣り人が先に入ってしまって、やる気スイッチoff

酷いなぁ〜

仕方なく、諦めながらも入渓
気持ち的にも釣れる気がせずに、集中出来ぬまま釣り上がる

狭い川だけに、厳しい
とりあえず、様子みて移動する予定
しかし、なんとか1匹
尺イワナをゲット


更に、渓流でモリアオガエルが泳いでいた
ゲット



これは、嬉しい
この流れをもろともせずに、泳いで行った


そして移動

小川へ
前回は、かなり魚が多く、デカいのは釣れなかったが、40センチ以上はありそうなイワナのチェイス等、かなり良い印象だった川



開始早々から、チビヤマメが入れ食い状態!
しかし、チビすぎる
ようやく、写真映えするサイズのヤマメが釣れた


ダム迄釣り上がり、今日は終わり
前回とは違い、チビしか釣れなかった
数はかなりの大量だが…




たまには、温泉宿にでもと
宇奈月温泉で泊まる事にした


明日は最終日
どうしよう!
| - | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
渓流釣行 ニュウベイトタックルインプレ
トラウト newロッド& newリールインプレ
今年新たに購入したロッド
VARIVAS BWS-86FC-RX[Super Atlantics] -Hybrid T3 Glass/Action.:MH-

長年愛用しているウエダのトラウトロッド、中でもBWSは大好きなシリーズでウエダ解散後はもう手に入らないんだなと残念で仕方なかった!

当時買えなかった、ジェットストリームヤマメ、イワナ等数々の名作をもう手に入れられ無いと、諦めていたのだが…
なんと、VARIVASからBWSシリーズが毎年限定的にリリースされ始めた
それを知ったのが確か2年前
しかし、限定100本
予約のタイミングを逃すと、たちまち完売
それでも、スピニングのジェットストリームヤマメ、イワナは買えるチャンスがあったのだが、どうせならベイト用が欲しい〜
5〜7ftの渓流用スピニングロッドはウエダの物で8本所有している
だから、要らないと言えばそうなのだ

しかしながら、ベイト用はこれまた大人気で予約すら出来ない状態だった
今年、たまたま行きつけのショップでその話になり、たまたま受注開始の案内が来てたとショップのオーナーさんが教えてくれて、即予約してもらった
611のジェットストリームヤマメは、既に完売だった
これが一番欲しかったやつ(泣)
今年のモデルは611と86の2本
仕方なしに86にした
が、本格的に本流をやるのに長竿も欲しかったのでよかったが…

待ちに待って8月のある日、ついに手元に来た




なんとかっこいい!
早く使いたかったが、なかなか忙しくフィールドに出向けなかった

昨日、ようやく1日空いたので本流に行こうと色々考えたが、こいつを振るようなフィールドは、何処もコンディションが悪そうで、仕方なくいつもの伊南川へ行く事にした

数日前にかなり雨で増水したらしいし、当日は上流の山頂辺りは雨予報
水が有れば、86の長さも行けるかな?
と思い期待大で向かった

ついでに、春先に買ったリール
ダイワのスティーズCT SV XHL
もトラウトでは未だ使っていなかったので合わせて使ってみた

現地に着くと、想定外の渇水
水が無さ過ぎ
86の長さは、オーバースペック
仕方なく、前半はスピニングロッドで釣りをした

昼過ぎに、いよいよ
BWS86とスティーズを出動させた

ラインはPE1にリーダー6lb
3g程度の物から20gくらい迄のルアーを色々使ってみた

先ずは、良く使うイトウクラフトの
山夷50s 蝦夷50s辺りをチョイス、重さは3.8g程度
86の少々強めかと思うロッドだが、飛距離は飛び過ぎるくらいだった
午前中、7ftのスピニングロッドで釣りをしていた感じを遥かに上回る飛距離とルアーの飛んでいくスピード、弾道が異常な程別次元だった
3,8gの小さなミノーが思いのままにキャスト出来る
長すぎるロッドも、多少グリップが邪魔なくらいではあるが逆に慣れれば武器になると感じた

リールは、流石ダイワの最上級グレードなだけあり、文句のつけ所が一切無し、こないだシーバスに使ってみたが、1オンス以上のルアーも使いやすく、渓流で小型ミノーからスピナー、ディープタイプのミノー迄まるでその専用リールの様に使える
しかも、ブレーキセッティングがシンプルで簡単
マグブレーキのダイヤルをカチカチ回すだけで良い

1台でなんでも出来るリールとしては、次元が高すぎると思った

このタックルのキャストふぃーる、使用感は、特に問題無し
1つ言えば、渓流の場合使うルアーサイズ、釣れる魚のサイズからして、ロッドはオーバーパワー
それは、元々想定外なので仕方ないが

しばらく川を上がりながら釣りをしていると、ようやくイワナからの反応
今日は、水が無さ過ぎて流れも緩く、水温も高い
かなり渋く、前半もイワナ3匹のキャッチ
バラシ数回

ベイトタックルにしての初バイトは、ここで出たらデカいよ〜って所で食べてきたイワナだった
尺オーバーくらいだったが、バラシ
その後も何度かバラシてノーキャッチに終わった

近年久しぶりの激シブだった




午前中に釣れたイワナ3匹

イナゴが多かったから、ライムチャートのミノーのドリフト流しっぱなしでようやくバイト

水温高め減水だからか、ガンガン瀬の中から飛び出たイワナ

流れが緩く苦戦だった〜

今シーズンもうわずかだが、あと1回くらい行けるかな?

| - | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |